胃痛の原因について

胃は人間の重要な消化システム器官です。胃の健康は人間の体の健康全身に関わります。

胃痛を引き起こす原因は実にさまざまですが、主に胃酸の働きによって起こります。胃酸は、胃の中の食べ物を消化するために分泌される酸性の液体で、主成分は塩酸そのものです。お腹に消化する食べ物が入っていない時は、胃酸は出ないようになっています。しかし、胃酸過多などが原因で空腹時に胃酸が出るようになっていると胃痛を引き起こします。ここでは、胃痛の原因を詳しい紹介します。

・ストレス
ストレスがかかると胃の血流が減るため、胃痛を起こします。ストレスなどで副交感神経のバランスが崩れたりすると、胃液や消化酵素のコントロールが効かず自分自身を消化してしまい、胃酸が大量に分泌されると、血流が悪くなって胃粘膜を守る働きが低下したりし、胃潰瘍や胃炎になってしまいます。

・消化不良
消化不良のとき、痛みは持続する場合がありますが、繰り返し起こる場合もあります。胃腸の動きが鈍り、食事が消化されていないので胃痛、吐き気、嘔吐といった症状があります。夜遅くに食事をしたり、脂っこいものを食べると、胃の消化が進まず、消化不良を引き起こします。食道の粘膜は比較的弱く、胃酸逆流が起こると炎症を起こし、胸痛なども起こります。

・空腹
空腹時にいつも胃痛が発生します。胃液の酸が過剰に分泌されることによって胃が炎症を起こします。空腹時でも、胃酸が過剰に分泌される状態が続くので、内部がさらに炎症を引き起こし、キリキリと痛み、胃痛を伴うというメカニズムです。

ここでは食事で胃腸の強くする方法を紹介します。健康のためになるべく胃腸のいいものをとり、健康な生活リズムで毎日を送りましょう。

・食べ物をよく噛んで食べましょう。
食べ物はよく噛むほどに細かくなって唾液と混ざり合うことで、消化されやすくなります。また、噛むことで満腹感を得やすくなるほか、脂肪組織の分解を促す脳内神経系を活性化させる、胃液や唾液をはじめとする消化液の分泌を高めるなど、さまざまな効果が得られます。よく噛んで食べるために は“~しながら”食事するといったことは避け、食事を楽しむようにしましょう。

・食事を決まった時間にします。
一定の時間に食事することで体内のリズムが整い、胃腸の調子が整いやすくなります。欠食などにより長時間にわたって空腹状態でいると、胃液の酸度が高いままとなり、胃の粘膜に障害を起こしやすくなるので注意が必要です。反対に、食べ過ぎや間食のし過ぎは、胃での消化吸収力が低下し、胃もたれなど胃のトラブルを招きやすくなります。

・胃腸にやさしい食材や料理します。
胃もたれ、胃痛には、胃酸の分泌の抑制や、胃の粘膜の再生を促すビタミンUが含まれるキャベツ、セロリ、レタスを食べると良いでしょう。便秘には、食物繊維が豊富でスムーズな便通をもたらす、きのこ類やさつまいもがおすすめです。