胃腸改善サプリと自律神経

胃腸改善サプリ

人間が生きていくには、食べ物から栄養やカロリーを摂取する必要があります。そして各消化器官において消化・吸収・代謝・排泄などがスムーズに行われるよう健康でいなくてはなりません。中でも胃は食べ物を栄養として吸収したり、胃酸によって細菌の殺菌をしたりなど重要な働きを担っていますが、圧力や生活習慣の乱れによって正しく機能しなくなってしまいます。

平衡の取れた飲食や圧力なく規則正しい生活を送ることはもちろんですが胃を強くする食べ物を意識して摂ることを心がけましょう。それと同時に胃を強くするbroccoliやタイワンツナソが含まれている胃腸改善サプリを飲んだりするのもおすすめです。

胃腸改善サプリと自律神経

体の不調と自律神経は非常に深い関係があり、胃腸も間違いなくそのひとつです。自律神経は大きく分けて交感神経と副交感神経があり、これが互いに平衡を取ることで体の働きをコントロールしています。健康な状態では、これらは時間帯や行動によってどちらかが優位になり、元に戻っていきもう片側が優位になって全身をコントロールするのですが、自律神経の異常が生じている状態では片側が強く優位になってしまい、それによって全身に様々な不調症状が現れます。

胃腸の話で言えば、交感神経が優位になりすぎると、胃の働きが鈍くなって消化がうまくいかなくなってきます。そのため、胃もたれが起こりやすくなります。そして、副交感神経が優位になってしまった場合、胃液の分泌が盛んになりすぎてしまって、それが胃の粘膜を荒らしてしまい、胃が痛いという症状が起こります。

下痢や便秘を慢性的に繰り返す「過敏性腸症候群」や、胃の不快症状を伴う「機能性ディスペプシア」と言われるような胃腸疾患は圧力との関係が指摘されているもので、検査をしても特に問題は見られないのが特徴で、そういった場合には圧力にともなって自律神経に何かの影響が出ていることが考えられます。

自律神経を整えるには、自分の状態がどちらに偏っているのかを考えてみて、偏りを元に戻すように平衡すると良いでしょう。交感神経は活発に活動する時に優位になりますし、副交感神経はリラックスモードのときに優位になります。自律神経の平衡を整えて、胃腸の不調とおさらばしてくださいね。

オススメ:

腸薬通販|肝臓病|効果・副作用 – 薬友